ジョリパット 門柱

外構 ジョリパット 門柱工事のご紹介です。
今回から,この現場での外構リフォーム工事を数回に分けて,ご紹介していきます。
第①門柱をジョリパットで仕上げました!
洋風なデザインは人気もあり,見映えが良く仕上がります。お好きな方も多いのではないでしょうか。
手順としては,まず下地にブロックの基礎を作ります。配筋をしてコンクリートを打設後,ブロックを積みます。インターホンの配線とポストを埋め込み,笠木は建物に合わせてレンガを採用しました。
数日経って乾いたら,シーラーを塗って,ジョリパットの下地で軽量モルタルを左官で塗ります。この下地が大事です。シーラーを塗らなかったり,平に仕上げられる技術が無いと,ジョリパットも綺麗に仕上がりません!
また数日乾かして,シーラーを塗って,ジョリパットを塗っていきます。鏝で下塗りを行い,2回目で本塗りをします。最後に乾き具合を見ながら鏝で押さえて,ゆず肌仕上げの完成です!
色はT-1702です。
表札,インターホンを付けて,門柱の完成!
ジョリパットはお客様の好みに合わせて,色,仕上がりパターンを選択する事ができます。
洋風なデザインがお好みの方にはおすすめです。新築はもちろん,リフォームでの施工も可能です。
次回はタイル工事をご紹介します。
工事をお考えの方,興味のある方はお気軽にご連絡下さい!
弊社ホームページから簡単に無料見積り,相談依頼ができます。
ご連絡,お待ちしております。
施工後↓   
施工前↓
施工中ブロック↓
施工中下地(乾き前)↓
施工中下地(乾き前)↓
ジョリパット施工後↓
施工後内側↓
弊社ホームページ↓

楽庭,外構工事,エクステリア工事,専門業者,新築,リフォーム

外構,エクステリア,専門業者の楽庭(らくてい)です。 東京,多摩地域を中心に工事を行っています。 完全自社施工で無駄な経費が掛からずお得で確かな技術。 外構,エクステリアの事なら何でもお任せください!

0コメント

  • 1000 / 1000